上野クリニックで仮性・真性・カントン包茎手術する時の注意点・料金

包茎治療を受ける際の注意点は

・現状確認
・どういう仕上がりにしたいか
・値段、料金の確認

です。

 

どういう仕上がりにしたいかというのは
傷口をどの程度目立たなくしたいか?です。

目立たなくするには私のように余計に115,000円かかります。

 

 

奥さんと話し合いはついていて、治療費を抑えたい場合、安くできます。
無料カウンセリングの時にどういう仕上がりにしたいか確認しましょう。

 

 

真性包茎の場合は、手術費用が少し高くなります。
仮性包茎に比べて重度で、切る皮の量が多いからです。

 

真性包茎は、亀頭が長い間、皮に包まれていたので先細りになっていることが多いのです。

 

包茎手術とは皮を切れば良いというだけでなく、厄介です。
こするのに必要な皮は残さなくてはなりません。
先細りの人は引っかかりがないので、先細りの人が皮を残すと、通常の時に皮を切っても皮かぶりになります。

 

 

真性包茎、カントン包茎の場合、先細りである可能性があります。
場合によっては亀頭増大を考えた方がいい場合もあります。
亀頭増大すると、切る皮の量を少なくできることがあります。

 

金額的には亀頭増大の料金がかかる分、
包茎手術料金は少し下がり、トントンになることもあります。
金額が高すぎると感じるとストレスです。
出費の問題なので、金額と最善の手術内容のバランス
先生によく確認することをおすすめします。

 

 

カントン包茎も締め付けが強いので、通常の仮性包茎の場合よりも料金がかかります。

 

 

オプション手術を足していくと料金が上がっていきます。
不要なオプションは付けないで
必要なものだけつけるようにします。

 

私の場合の手術料金は

包茎手術の内容、オプション

包茎手術の料金

通常の仮性包茎手術

75,000円

糸が溶けるタイプ

(抜糸不要、2回目訪院不要)

30,000円

亀頭の下に傷口を持ってくる手術

111,500円

合計

216,500円

 

値段、仕上がりをカウンセリングの時にしっかり把握して満足できる手術になることを祈っています。

 

上野クリニックで真性・カントン包茎(重度の)手術する時の注意点・料金

 

東京上野クリニックで包茎治療をして良かったことのページに進む